[PHP]クラスファイルの静的メンバを使う

クラスファイルの使い方をもう少し勉強してみます。

今回は静的メンバを利用してみます。

静的メンバはstaticで定義

クラスの記述は以下の様になります。

<?php
class StaticClass
{
 private static $str;
 
 public static function set_str($str)
 {
 self::$str = $str;
 }
 
 public static function echoTest()
 {
 echo self::$str;
 }
}
?>

静的メンバは「static」を使って定義します。「属性 static function 関数名」「属性 static $変数名」といった感じになります。

クラス内で静的メンバを利用するには、「self::関数名」「self::$変数名」という形で参照します。

クラス外から参照する

クラス外から参照する場合は「クラス名::関数名」「クラス名::$変数名」で参照します。

<?php
include(dirname(__FILE__)."/static.class.php");
StaticClass::set_str("静的メンバだよ");
StaticClass::echoTest();
?>

上記の記述で実行すると、以下の様に出力されます。

静的メンバだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>